格安simで携帯代1000円台!!

日々の生活で関わるお金の得する情報

格安simとは??

・ドコモやauなどの大手キャリアが持つ通信設備を借りそこからお客さんに提供されているのが格安simです。

・通信設備を持つ事業者をMNOと言い(ドコモ、au、ソフトバンクなど)

通信設備を借りてサービスをを借りて提供する事業所をMVNOといいます。こちらのMVNOのサービスを一般的に格安シムといいます。

・MVNO(格安sim)の通信可能エリアはMNO(ドコモなど)がもつインフラを使っているのでキャリアと同じ通信可能エリアです。(ご心配なく)

 

 

格安simと格安スマホの違い

  • 格安sim  =格安料金で利用できるsimカードのみを提供するサービス
  • 格安スマホ=格安料金で利用できるsimカードとスマホ端末を提供するサービス

 

格安simのメリット

  1. やっぱり値段が安い!!
  2.  2年縛りがない!!
  3. 料金プランの選択の多さ!!

 

1.やっぱり値段が安い!!

格安simのメリットはやっぱりダントツ月額料金の安さです。

 

今まで7000~8000円してた携帯代が1000~2000円ぐらいになります。

値段が下がると品質が下がるんじゃないのって心配される方がおられますが
基本的には下がりませんのでほとんどの方が満足されておられます。

 

 

2.2年縛りがない!!

これはかなりのメリットですが格安simは2年縛りがほとんどありません。

通常キャリア(ドコモなど)は2年縛りがありますが格安simはほとんどなく
利用期間は6カ月~12カ月に設定されております。

キャリアの場合途中でやめたくても違約金の事考えてやめれなかったりしますが
格安simは違約金のことをあまり考えなくてよくなりました。

 

 

3.料金プランの選択の多さ!!

MVNOは何十社もあり大手キャリアとは比較にならないぐらいプランがあります。

 

又、多数あるため自然と価格競争になるためお値段が安いプランが多数あります。

価自分に合ったプランでお手頃の価格の物を選びましょう。

 

 

格安simのデメリット

  1. クレジット決済のみの会社が多いので注意!!
  2. 通信速度が遅くなりやすい!!
  3. 店頭窓口が少ないためサポートが不十分!!
  4. キャリアのサービスが受けられない!!
  5. iPhoneなどの一部の機種でテザリングが使えない!!
  6. 乗り換え後の初期設定が自分で必要!!

1.クレジット決済のみの会社が多いので注意!!

sim料金の支払いの多くはクレジット決済の会社が多いです。

持ってない方は少し、大変かもしれません。これを機に1枚ぐらいは作っておきましょう。

どうしても作れない方はmineo(マイネオ)の一部、デビットカードや口座振替に対応している事業者も存在しますのでお探しください。

 

 

2.通信速度が遅くなることがある!!

格安simはきキャリアから電波を借りて提供してますから込み合ってる時間帯12~13時などは遅くなる可能性があります。

各社、ユーザーの多さや帯域の量などによって速度は変わります。動画を見る方などは少し不便に感じることがあるかもしれません。

 

 

3.店頭窓口が少ないためサポートが不十分!!

キャリア(大手)の良いところは店頭窓口も多く困ったときのサポートが手厚い所です。

一方格安simは店頭窓口が少なくサポートは電話やメールですることが多いです。

故障した場合大手の場合代替え機を用意してくれますが
格安simに乗り換えると端末とsimは別々ですので故障した際は
メーカーに直接修理を依頼しなければなりません。

ただ最近は格安sim会社で格安simと端末セットで買えば保障してくれ所が増えてきています。

ネットオークションで安い端末を買うのも1つの手でしょう。ただネットオークションでは端末は中古ですので必然的にその中のバッテリーも中古ですので当たり外れはあります。

 

 

4.キャリアのサービスが受けられない!!

格安simはキャリアのサービスが受けられません。

・キャリアメール

「~@docomo.ne.jp」

「~@ezweb.ne.jp」

「~@softbank.ne.jp」

こういったのが使えませんがGmailやヤフーメールなどのフリーメールでカバーしましょう。!(^^)!

 

・auウオレットやdポイントなどはauやドコモの回線を紐付けしているのでこういったサービスは

受けられません。乗り換えるタイミングでポイントがなくなってしますのでそれまでに使い切りましょう。

 

 

5.iPhoneなどの一部の機種でテザリングが使えない!!

ドコモのアンドロイド端末では格安simを使ったテザリングができません。

これはテザリングを起動したときAPN設定が純正のSPモードに切り替わってしますからです。テザリングを行うにはsimフリースマホを使えばできますがドコモのネットワークに対応した端末は限られてます。

格安シムでテザリングを考えているのならテザリング対応機種を考えておきましょう。

 

 

6.乗り換え後の初期設定が自分で必要!!

キャリア(ドコモなど)端末を購入時は店員さんが最後までしてくれますが格安simは
基本的に自分でネットでの申し込みになってしまいます。

届いた後の初期設定も自分でやらないといけません。APN設定というのがあるのですが初めてだと少しわかりにくいかも知れません。

APN設定方法をネットで検索してがんばりましょう。安い分自分でしなければいけない事が多いですが携帯はずっと使う固定費なので頑張りましょう。

 

 

まとめ

 

基本的に格安simは安くいい商品を提供できるので早く買い替えた方がいいです。特に向いている方はこういう方です。

  1. 毎月の電話時間(月1時間以上かけない人)、電話回数が少ない人
  2. Wi-Fiの利用が多く携帯ではWEBサイトはあまりみない。
  3. 長くiPhoneを愛用する人
    (1つのスマホをずっと使う人はすぐに格安simにしましょう。スマホが壊れるまで2000円ぐらいで使えますよ。)
  4. 少し初期設定やサポートは手間だが安い方がいいひと。

 

やはり格安simはお勧めできる商品でした。!(^^)!