ふるさと納税をしよう

日々の生活で関わるお金の得する情報

ふるさと納税をしよう

ふるさと納税の
仕組み
ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは納税と書いてますが寄付です。地方自治体に寄付して地域を活性化しようという制度です。仕組みはいたって簡単です。

①寄付で控除してもらえる上限金額を調べる

寄付金は自己負担金額の2000円を除いた金額を所得税での還付や住民税といった税金から控除してもらえますが個人の収入や家族構成によって控除上限金額が違います。なので控除上限金額をまずしらべましょう。こちらのサイトはあくまで目安を記載してますので参考にしてください。わからない場合は市役所に電話するとおおよその目安を教えてくれます。

ふるさと納税(寄附金)全体に対する、控除額内訳の表。自己負担額2,000円を引いた残りが控除額となり、さらに控除額は①所得税からの控除と住民税控除にわかれます。所得税からの控除は、ふるさと納税を行った年の所得税から控除されます。住民税控除は②住民税からの控除(基本分)と③住民税からの控除(特例分)の合算で、ふるさと納税を行った翌年度の住民税から控除されます。
寄付者の家族構成
独身
又は
共働き
夫婦 共働きで
子1人(高校生)
共働きで
子1人(大学生)
夫婦+子1人
(高校生)
共働きで子2人
(大学生と高校生)
夫婦+子2人
(大学生と高校生)









300万円 27,000 18,000 18,000 12,000 9,000 3,000 0
350万円 34,000 25,000 25,000 19,000 16,000 10,000 1,000
400万円 41,000 32,000 32,000 26,000 23,000 17,000 8,000
450万円 52,000 40,000 40,000 34,000 31,000 25,000 16,000
500万円 60,000 47,000 47,000 42,000 38,000 33,000 24,000
550万円 68,000 59,000 59,000 52,000 46,000 40,000 31,000
600万円 76,000 67,000 67,000 60,000 57,000 51,000 39,000
650万円 96,000 75,000 75,000 69,000 65,000 59,000 47,000
700万円 107,000 84,000 84,000 78,000 74,000 68,000 59,000
750万円 118,000 107,000 107,000 100,000 84,000 78,000 68,000
800万円 129,000 118,000 118,000 110,000 107,000 100,000 77,000
850万円 139,000 128,000 128,000 121,000 117,000 110,000 99,000
900万円 150,000 139,000 139,000 132,000 128,000 121,000 110,000
950万円 161,000 150,000 150,000 143,000 139,000 132,000 121,000
1000万円 172,000 161,000 161,000 154,000 150,000 143,000 132,000
1500万円 363,000 363,000 349,000 340,000 349,000 327,000 327,000
2000万円 514,000 514,000 500,000 491,000 500,000 478,000 478,000

 

➁寄付したい地方自治体を選び寄付金をする(ふるさと納税)

③お礼として特産品や名産品がもらえます。

④確定申告またワンストップ特例制度で申告する。

確定申告またワンストップ特例制度の申告で寄附した金額から自己負担額の2,000円を除いた金額を所得税での還付や住民税といった税金から控除できます。ワンストップ特例制度の場合住民税からのみです。(所得税の控除額も含め住民税で軽減できます。)
実質自己負担金額2000円で特産品や名産品をもらえることになります。

いたってシンプルです。確定申告がめんどくさいじゃないの?と仰る方もおられますがふるさと納税先の自治体が1年間で5自治体までならワンストップ制度を使えば確定申告をしなくていいのです。基本的に5自治体までで収まると思いますので確定申告は気にしなくていいです。

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とはワンストップ特例申請書を寄付先自治体に提出することで確定申告をしなくていい制度です。ただしふるさと納税先の自治体が1年間で5自治体までとなっております。特例申告書は地方自治体に寄付金をすると基本的に寄付金受領証明書(寄付を頂いた証明の紙)と一緒に送られてきます。送られてきた紙に少し記載して送付すれば大丈夫です。すごい簡単なので心配しなくても大丈夫です。

税金の控除の流れ

確定申告制度とワンストップ特例制度の税金の控除の流れを説明したいと思います。

確定申告制度
ふるさと納税する→2月16日から3月15日までに確定申告する→5月ごろ所得税還付→6月から住民税軽減

 

ワンストップ特例制度
ふるさと納税する→1月10にまでに地方自治体に特例申請書を提出→→6月から住民税軽減(所得税の控除額も含め住民税で軽減できます。)