個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)

日々の生活で関わるお金の得する情報

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは簡単に言うと自分で作る年金制度の事です。

 

・積み立ての定期預金

・保険

・投資信託

 

といった金融商品を運用し60歳以降になると年金でもらえるサービスです。
又積み立て金額はすべて所得控除の対象で所得税、住民税から控除できます。

iDeCo(イデコ)のメリット

 

  1. 積み立てた掛け金が全額所得控除され、毎年税金が返ってくる
  2. 運用中の利益も非課税
  3. 運用資産を受け取る時も大きな控除

 

①積み立てた掛け金が全額所得控除され、毎年税金が返ってくる

イデコの最大のメリットは税金が安くなることです。

イデコは毎月一定額の金額を掛けていきますが

「掛け金の全額が所得控除され所得税、住民税が安くなります。」

今の国民年金や厚生年金の公的年金だけでは不安で
個人で私的年金に入ろうと思ってる方はイデコを利用するだけで掛けた分は全額所得控除されます。

 

 

➁運用中の利益も非課税

金融商品を運用して利益がでると税金がかかりますが(通常、投資信託では売却益や分配金、定期預金では利息に20.315%の税金がかかります。)イデコは税金がかかりません。

 

 

③運用資産を受け取る時も大きな控除

60歳を超えると運用した資産は一時金年金又は一時金と年金での両方法で受け取ることができます。一時金で受け取るならなら「退職所得控除」年金で受け取るなら「公的年金等控除」として税金を控除できます。どちらにしても大変お得です。

 

 

iDeCo(イデコ)のデメリット

 

  1. 60歳まで引き出せない
  2. 手数料がかかる
  3. 自分でやらないといけない

 

1、60歳まで引き出せない

これはイデコの最大のデメリットと言えますが60歳まで引き出すことができません。そもそも個人型確定拠出年金は老後のためにお金を貯めたいためのサービスです。だからといって途中でお金に困ることもあるので引き出したいのですがそれはできない事です。月々の生活が苦しくなるようでしたら年1回1~12月の間で一回変更が可能です。

 

2、手数料がかかる

イデコは月額手数料が掛かってしまいます。手数料は運営機関によって違いますが

①口座管理手数料(運営機関によって違います)

➁国民年金基金引落し手数料(一律103円/月額)2018年1月から一括で払えるとのことです。その場合1年で103円です。

③信託銀行管理手数料(一律64円/月額)

➁国民年金基金引落し手数料と③国民年金基金引落し手数料は
どこの金融機関でも同じなので①口座管理手数料を見て安い所を選びましょう。

口座管理手数料は1カ月でみると数百円しか変わらないと思うかもしれませんが
何十年も払い続けますので10万以上の差が出ることもあります。

SBI証券と楽天証券は口座管理手数料が無料ですのでお勧めします。
やはり証券会社は手数料がかなり安いです。

 

3、自分でやらないといけない

イデコをする際、銀行や証券会社に登録しなければいけません。

手数料の安いSBI証券や楽天証券は手続きは自分でしなかければいけませんので
あまりパソコンが不慣れな方や提出書類を出すのが手間な方は不便に感じるかもしれません。

手間な方は窓口があるりそな銀行で登録しましょう。書類の書き方や何かあった時はサポートしてくれます。ただ口座管理手数量は高いのでサポート代と考えましょう。(400円~500円/月額)

 

 

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)はどれぐらいお得なのか??

 

掛け金が全額所得控除になるのでその分の所得税と住民税が得する金額です。
所得税は収入、家族構成によって違います。住民税は全国一律10%です。

*自治体独自の条例により増減措置を施すことができます。

この所得に住民税を10%足した金額が節税額です。

 

 

 

 

 

 

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)まとめ

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)まとめは結論から言うとかなりお勧め商品でした。

早くやればやる程得する事と収入が多い人ほど得する商品です。
(所得税と住民税のの控除なので収入が多ければ多いほど得します)

特に個人業主の方(第一号被保険者)は掛け金が月額6.8万(年額81.6万)と掛けるれる額が多いのでお勧めです。
例の年収800万の方が月額2万3千掛けた場合節税利回りは
30%を超えは金融商品ではまずありえないです。

国の制度を最大限利用しましょう。