ネットショップで副業

物やスキルを売る副業をしよう!!

ネットショップの販売形態は2つ

①モール型

(複数のショップが1つのサイトで出店するショッピングモール)

楽天

Yahoo!ショッピング

アマゾン

 

モール型はデパートでテナントでお店を出してるイメージです。

➁ネットショップASP型(独自ドメイン型)

独自ドメインを取得するかネットショップドメインをもらいネットショップ必要なサービスをレンタルし運営する形態

中には無料でネットショップができるサイトもあります。

 

ではこの2つについて説明していきたいと思います。

 

モール型のメリット、デメリット

メリット

①集客が簡単

楽天

Yahoo!ショッピング

アマゾン

 

などマーケット全体の流通総額が大きいサイトで

ポイントシステムなどもあり集客ノウハウが入っているサイトなので

簡単に売れます。

 

➁商品が良けれ売り上げがかなり見込める

これもマーケットが大きいので売れる商品はより売れます。

 

デメリット

①手数料が高い

やはり大手サイトを使うので手数料は高いです。特に楽天は流通量が多く大きな成果も期待できますがその分手数料も高くなっています。

➁デザインが限定される

③価格競争がおきやすい

モール型は出してるお店も多く商品もかぶるので必然的に価格の競争が

おきやすくなってしまいます。

 

まとめ

モール型は一言で言うと集客力は高いが手数料も高い。

売れる商品がいっぱいあるなら勝負してもいいかもです。

 

 

 

モール型の楽天・アマゾン・ヤフーショッピング比較

楽天

 

楽天ショップの出店プラン

楽天の最大のメリットは国内最大級の集客力です。

コストは少し高いですがそのぶん集客が見込めるので

売れる商品を持ってる方で集客が見込める方は楽天を使った方がいいです。ただ個人の方などで規模の小さい形は不向きです 。

 

 

Yahoo!ショッピング

出店料は無料

ヤフーショップの最大の売りは出店料が無料になったことです。

モール型は Amazon 楽天などがありますか基本的にコストは高いです。

集客力は少ないですがコストを抑えたい方には向いてます。

 

出店方法は2種類プロフェッショナルと 出店とライト出店

 

両方とも出店料は無料です。

プロフェッショナルは法人向けで色んなカスタマイズができます

ライトは簡単に出品ができるので個人に向いてます

 

Amazon

Amazonの出品方法は2種類

①大口出品

 

月額4,900円+販売手数料8%〜15%

 

②小口出品

 

月額無料+1件成約する毎に100円+販売手数料販売手数料8%〜15%

Amazonの手数料は最終的には10%程度の販売手数料になります

販売手数料

 

まとめ

 

楽天やアマゾンやヤフーショップを比較してわかったことは楽天は集客力らがある文コストが高い。

ヤフーショップはコストを抑えられるが集客力が弱い。

 

つまり法人などでいっぱい売る商品がある場合は楽天

個人で少しずつ売っていきたい場合はヤフーショップ

の方がいいということがわかりました。

 

 

ネットショップASP型(独自ドメイン型)のメリット・デメリット

メリット

 

①コストが安い(利益率が高くなる)

これはネットショップASP型の最大のメリットですが基本、初期費用・月額費用が無料の物が多いのでモールと比べたらダントツ、コストが安いです。中には全て無料で運営できるネットショップもあります。

例・  BASE、イージーマイショップ、Stores.jp

 

②デザインを自由にカスタマズできる

モール型はデザインに縛りがありますがネットショップASP型は自由なので
オリジナルティを出せます。

 

③価格で比較されることが少ない

オリジナル商品が多いので商品がかぶりにくいため価格の競争はおきにくいです。

 

④メルマガやDMなどを自由にできる

モール型は規制が多いですがネットショップASP型は自由がきくので顧客になった人はメルマガやDMなどを自由にできます。

⑤ネットショップ開業までが簡単にできる

モール型は出店審査などがあり手間ですが基本、ネットショップASP型はネット上で簡単に登録するだけできます。

 

デメリット

①集客力が弱い

これが最大のデメリットです。モール型はコストが高い分集客力は強いですが
ネットショップASP型はコストを抑えている分集客力が弱いです。集客を増やしたい場合自分でTwitterなどで宣伝したり手間をかけなければいけません。

 

まとめ

ネットショップASP型は簡単にネットショップが開けます。又コストも抑えられ、無料のサポート機能もあり初心者の方にお勧めです。

ネットショップASP型をお勧めする人はこんな方です。

・集客力が弱い半面コストが抑えられるので個人でネットショップをしたい方

・こだわりの商品を持っている方(特性をアピールしやすいので)

・ネットショップ以外で集客できる方(フェイスブックやTwitterなど)

・簡単にネットショップ開きたい方

 

 

おすすめのネットショップASP型

ズバリ無料でネットショップができるBASEが人気です。

人気のは理由は

 

・初期費用月額費用が0円

・無料のサポート機能

・集客支援

・審査などもいらず3分でネットショップを開設できる

・クレジットカード決済を簡単にできる

・独自ドメインが設定できる

などなどです。

 

 

ただし決済手数料だけ料金が発生します。

クレジットカード決済

pay-easy決済

コンビニ決済

 

の3つだけ料金が発生します。でそれでもBASEはかなりお得なのでかなりお勧めです。初心者で個人の方はまずコストが安いBASEからスタートすることをお勧めします。

 

結局どのネットショップがおすすめなの?

モール型はAmazon、ヤフー、楽天があるのがわかり

ASO型はBASEがあるのはわかったが

「どれをしたらいいの?」

と思うかも知れませんがタイプによってちがいます。

法人の方は

ヤフーのプロフェッショナル→Amazon→楽天の順番でリスクの少ない順番でやっていくことをお勧めします。

個人の方は

無料ネットショップのBASEをおすすめします。有料のASP型もありますがコストの低いBASEでネットショップを開き物足りなければ有料の物に切り替えたらいいと思います。はじめはリスクを極力減らしましょう。